環境goo大賞2006--企業・個人では該当なし、行政は2年続いて仙台市

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTレゾナントは3月1日、環境保全や社会貢献活動に取り組む企業・団体、個人などのネットを通じた情報発信を審査・表彰する「環境goo大賞2006」の受賞者を発表した。今回で7回目になる。

 環境goo大賞は、NTTレゾナントが運営する環境情報サイト「環境goo」において、環境省の後援のもと、消費者のエコライフ推進や、企業の環境経営や環境保全活動、CSR(企業の社会的責任)への取り組み促進、行政機関、独立行政法人・国立大学法人、NPO・NGOの持続可能性に関するインターネットを通じた情報発信を支援することを目的に実施するもので、今回が第7回となる。

 大賞は、「行政機関部門」で2005年に引き続き仙台市が受賞。また、「NPO・NGO部門」では、100万人のキャンドルナイトが受賞した。「企業部門」「個人部門」および2006年度新設の「独立行政法人・国立大学法人部門」では、大賞は該当なしとなった。個人部門では時流を反映してか、ブログを活用したエントリーが多数あったという。

 各部門の受賞者は以下の通り。

<企業部門>

<行政機関部門>

<独立行政法人・国立大学法人部門>

<NPO・NGO部門>

<個人部門>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加