[レビュー]寝顔も夜景もキレイに残せる--ソニー、DVDカム「HDR-UX7」は、色再現、高輝度撮影に強い! - (page 3)

ソニー
内容:昨年リリースされたハイビジョンDVDカム「HDR-UX1」に、早くも後継機が登場。前回はハイビジョンの美しさを中心にレビューをしてきたのだが、今回はより使い勝手や細かい機能に注目してみた。

AVCHD連携OKのレコーダーはBlu-ray待ち?

  • AVCHD規格といえば、音声はドルビーサラウンドを採用している。5.1chで音声を記録できるのだ。外付けのマイクを使用しなくても本体内蔵のマイクで5.1chの音声記録が可能だ

 HD(ハイビジョン画質)で記録した場合は、AVCHDという規格で記録される。これは、UX1から採用されている規格で、高圧縮、低容量で記録ができる新しいムービーカメラ記録である。

 ただ、新しい規格のため、ほとんどのDVDレコーダー(プレーヤー)は対応していないので、カメラ本体から直接接続するか、対応ソフトをインストールしたPCで視聴するしかない。現在対応している機種はソニー製品で、「PS3」とBlu-rayディスクレコーダー「BDZ-V9/V7」のみとなっている。現時点ではまだ数が揃っていないといわざるを得ないだろう。

 Blu-rayレコーダーやBlu-rayドライブを搭載したPCを購入するまで、編集は先延ばしにして、とりあえずDVDにそのまま記録し、保存しておこう。

ハイビジョンには高解像度液晶を……

  • 3.5型ワイドの液晶モニタ。サイズ的には問題なし。視聴するにも、タッチパネルで操作するにも使い勝手良い

 UX7は、細かい点でもかなりの配慮を見せ、改良されているのだが、液晶モニタだけは、UX1とまったく変化がないのが残念である。

 UX1の液晶モニタは、「クリアフォト液晶プラス」を採用し、これまでのモニタに比べて、色再現範囲やコントラスト、解像度などが大幅に向上したものではあるが、それでも物足りない点はある。

 とくにハイビジョンを撮影している以上は、ハイビジョンを再生するだけの解像度をモニタに求めたい。もちろん、3.5型ワイドのサイズでは、到底ハイビジョンを再現することは無理だが、もう少し高解像度の液晶を望んでしまうところである。

Blu-rayも同時購入するべきか? 待つべきか?

 定評のあるUX1からのマイナーチェンジなので、基本機能や画質は申し分なし。ただ、問題となるのはやはりストレージ面と長時間記録の対応である。DVD+R DL(片面2層)メディアを使えば、最高画質でも約27分の撮影が可能となるが、1回書き込みのみと高価な点から手が出しにくい。

 やはりこまめに入れ替えて、ストレージするのが一番だ。となるとやはりAVCHDのDVDがそのまま再生でき、大容量メディアに移し変えることができるBlu-rayレコーダーが欲しくなるのは必然だ。

 ここは思い切って、同時購入しべきだろうか? それとも今後AVCHD対応の機種は増えていくと思われるので、安価なAVCCHD対応のDVDレコーダーの登場を待つ方が現実的か? この問題は、今後も悩みどころとなりそうだ。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]