ビットレイティングス、モバイル検索の研究開発組織を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話向け検索ポータルサイト「F★ROUTE(エフルート)」(http://froute.jp/)を運営するビットレイティングスは2月20日、次世代のモバイル検索の研究開発を行う新組織「エフルート・サーチラボ」(http://labs.froute.jp/)を設立した。

 第1弾のサービスとして、ソーシャルブックマークサービス「はてなブックマーク」の最新情報を、自動的に政治、エンタメ、スポーツなどのカテゴリに分類し、注目度などに応じた価値付けを行い、携帯電話向けニュース検索サービスとして提供する「F★ROUTE みんなDE ニュース」(http://labs.froute.jp/sbnews/)を公開している。

 エフルート・サーチラボでは、システム開発者が中心となり、商用サービスに比べ各種制約の少ない状況でサービスの開発を行う。また、開発したサービスをユーザーに体験してもらうためのサイトを開設し、アルファ版段階から積極的にサービスを提供する。その後ユーザー動向などを見極め、ビジネス性があると判断した機能などに関しては、F★ROUTEの正式サービスとして採用するとしている。

 自社のシステム開発者のみならず、外部のエンジニアやシステム開発会社も参画可能とし、自由な発想でのサービス開発を推奨することによって、より独自性の高い検索システムやサービスの提供を支援する。近日中にモバイル検索を開発していくうえで必要なツールや情報などを提供するディベロッパーネットワークを設立する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加