logo

マイクロソフト、VPN関連特許の侵害で訴えられる

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年02月16日 15時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェア企業のVirnetXが米国時間2月15日、仮想プライベートネットワーク(VPN)技術に関連した特許2件を侵害しているとしてMicrosoftに訴えを起こしていることを明らかにした。カリフォルニア州スコッツバレーに拠点を置くVirnetXは、テキサス州東部タイラー地区裁判所に提訴し、Microsoftに対する損害賠償と差し止め命令を請求している。

 VirnetXは訴状の中で、Microsoftが同社の保有する2件の特許を侵害していると述べている。しかし、Microsoftのどの製品が侵害しているのかは特定されていない。Microsoftの関係者は、同社が本件に関する裁判所文書をまだ受け取っておらず、申立内容の確認も精査もできていないと述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集