logo

ゴア米国元副大統領、地球温暖化問題でシリコンバレーに期待 - (page 2)

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2007年02月05日 21時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Gore氏は、「気候危機を招いているパターンを変えられるだけの力をわれわれが手に入れる上で、技術は重要な鍵を握っている。新たな技術が過去の技術に取って代わる古い従来のパターンを分析し、変える必要がある」と述べ、さらに「政府の政策も重要な役割を果たすだろうが、最も重要な役割を果たすのは皆さんだ」と付け加えた。

 1年前、Gore氏が出演するドキュメンタリー映画「An Inconvenient Truth」が上映された。同氏はその中で、まだ最悪の事態を回避する時間はあると予測した。「われわれには、(気候危機を解決するための)十分な時間がある」(同氏)

 Gore氏に、なぜホワイトハウスがその科学報告書の結果を疑問視していると考えるのか尋ねたところ、同氏は次のように答えた。「ホワイトハウスに対する石油圧力団体の影響力が強すぎるからではない。問題は、ホワイトハウスそのものが石油圧力団体だということなのだ」

 また、同氏が大統領選に間もなく出馬する可能性については、完全に否定した。「大統領選に出馬する予定は全くない。私は今、(選挙運動以外の)別の運動に関わっている」

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したも のです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]