logo

PS3の世界出荷台数は184万台で目標に届かず

永井美智子(編集部)2007年01月30日 16時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月30日、新型ゲーム機「PLAYSTATION 3(PS3)」の2006年末における世界出荷台数が184万台であったことを明らかにした。当初2006年内に200万台出荷する目標を立てていたが、生産の遅れから到達しなかった。

 ソニーでは3月に欧州でもPS3の発売を予定しており、2007年3月末までに600万台を出荷するという目標値については変更していない。

 PS3のソフトについては、2006年末時点で520万本の出荷となっている。

 なお、ソニーの2007年第3四半期(2006年10〜12月)におけるゲーム分野の業績は、PS3の販売で売上高が前年同期比5.6%増の4192億円と伸びたものの、PS3の価格を当初予定より引き下げたことや、PS3のプラットフォームの構築に費用がかかったことなどから、営業利益は前年同期より1220億円減少し、542億円の赤字に転落した。

-PR-企画特集