ロジクール、静音設計のフルキーボード「Classic Keyboard 200」を発売

エースラッシュ2007年01月26日 21時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Logitechグループの日本法人であるロジクールは1月26日、静音設計を実現したUSB接続のフルキーボード「Classic Keyboard 200(iK-21BK)」を2月16日から発売すると発表した。

 iK-21BKは、省スペース性に加えて静音構造による快適な操作を実現した、USB接続の日本語レイアウトフルキーボード。デスクとキートップの角度が平行となる「ゼロディグリーティルト」で手首への負担を軽減するほか、レスポンスの良い快適なキータッチも特徴といえる。

iK-21BK 静音構造のClassic Keyboard 200

 また、液体が下に流れ落ちる設計「スピル・レジスタンス構造」の採用や、UVコーティング処理による高い耐久性も実現している。

 対応OSはWindows 98、ME、2000、XP、Vista、Mac OS X。価格はオープンプライスで、ロジクールオンラインストアでの価格は1480円だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加