ターボリナックス、IP-PBXソフト「InfiniTalk」新版発表--Asteriskベース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスはこのほど、オープンソースソフトウェア(OSS)「Asterisk」をベースとしたIP-PBXソフトウェア「InfiniTalk(インフィニトーク)」の新版を発表した。

 新版では、NTT東日本、NTT西日本の「ひかり電話ビジネスタイプ」へ直接接続することが可能になった。また、電話をより便利に使用できる新しい機能や、新たな接続可能端末が追加されている。

 InfiniTalkを使用すれば、特別なメディアゲートウェイ装置なしに各種IP電話サービスへの接続が可能となり、従来のPBXと比べ非常に安価にオフィスの電話環境を構築することができるという。

 税別価格は10ユーザーで19万8000円。12月下旬から出荷される予定。対応OSは、Turbolinux 10 Server。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加