音楽関係権利者6団体、携帯キャリアと違法音楽配信根絶の施策を検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 音楽関係権利者6団体(日本レコード協会、日本音楽著作権協会、日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター、日本音楽事業者協会、音楽出版社協会、音楽制作者連盟)は12月21日、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルとともに、携帯電話向け違法音楽配信根絶のための本格的な検討を開始し、啓発活動などを実施していくと発表した。

 これは、2005年夏頃から市販の音楽CDなどから作成した携帯電話再生用の音源を、権利者の許諾なく無料で携帯電話ユーザーに公開するケースが急増していることを受けたもの。このような行為は明らかな著作権法違反であり、刑事罰などの対象であるため、権利者だけでなく携帯電話キャリアとしても、極めて重大な問題であるとしている。

 このため、音楽関係権利者6団体および携帯3キャリアは、携帯向けの違法音楽配信根絶に向けた諸施策や、継続的で積極的な啓発活動などを共同で実施していくことについて合意した。今後は、違法音楽配信に関する対策について検討する協議体を設置し、携帯電話向け違法音楽配信に対する技術面での対策などの検討や、「音楽創造のサイクル」維持に向けた携帯電話ユーザーなどへの継続的かつ積極的な啓発活動に着手していく計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加