1位は売上高成長率8350%の台湾企業--アジア太平洋のFast500発表

島田昇(編集部)2006年12月12日 22時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デロイト トウシュ トーマツは12月12日、アジア太平洋地域のテクノロジー関連で高成長率企業のランキング「第5回アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」を発表した。

 テクノロジー、メディア、テレコム業界における過去3年間の売上高成長率からなるランキングで、1位は主に高性能太陽電池を開発している台湾のE-TON Solar Techだった。売上高成長率は8350%。次いで携帯電話をデザインする台湾のMobitek Communication(売上高成長率は7104%)、オーストラリアで固定無線通信ネットワークを設置するUnwired Group(同6846%)となっている。

 500社の平均売上高成長率は前年比119ポイント減の399%。業種別では半導体など電子機器関連が全体の25.4%を占有し、ソフトウェア関連が24.6%と続いた。国別では韓国と台湾が100社ずつの受賞と最も多く、ソフトウェア関連に限ってはインド(27社)、中国(21社)が多かった。

 トーマツでは国内の高成長率企業をランキングする「デロイト トウシュ トーマツ 日本テクノロジー Fast50」がアジア地域のランキングの自動的にノミネートされる。国内ではメビックス(売上高成長率2898%)、サイバーステップ(1476%)、アウンコンサルティング(1358%)がそれぞれ12位、18位、24位を受賞した。国内からの受賞は52社で、そのうち30社の業種がネット関連だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加