液晶テレビ大型化ジワリ、50V型以上でも3割超に、苦戦強いられるプラズマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまでプラズマテレビの独壇場だった50V型以上の市場に液晶テレビが進出し始めた。06年11月の「BCNランキング」では、50V型以上で液晶の販売台数シェアが30%を突破。大型化がポイントと言われる薄型テレビの06年年末商戦は、液晶テレビがけん引することになりそうだ。

●10月にかげり見えた薄型テレビだが、11月には持ち直し期待をつなぐ

 ここ1年以上にわたり、前年同月比130%前後と好調に販売台数を伸ばしてきた薄型テレビ。しかし、年末商戦序盤の10月には台数で同115.4%と、伸び率にかげりが見え始めた。金額でも同103.0%と1ケタ成長に留まっている。その反動か、11月には台数で同146.1%、金額で同126.0%と急激に持ち直し、例年ピークを迎える12月に期待をつないだ。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加