NEC、モバイルFeliCa新機能に対応したアプリ開発基盤技術を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは、同社のモバイル電子チケット・会員証サービス基盤ソフトウェア「LightHolder(ライトホルダー)」向けに、モバイルFeliCa新機能(iC通信機能)を活用した新サービスを容易に構築できる拡張機能を開発した。

 今回の開発は、モバイルFeliCaを搭載した携帯電話サービスの幅を広げ、同時に、モバイルFeliCa新機能を活用した新サービスの容易な展開を可能とする技術へのニーズに応えたもの。LightHolderの利点を引き継ぎ、柔軟で経済的なアプリケーション開発・運用を可能としている。拡張機能は以下の通り。

  • FeliCa対応カードと携帯電話を組み合わせたサービス機能
    携帯電話でFelica対応カードを読み書きする機能を使い、FeliCa対応カードを利用した認証サービスや、既存の会員証・ポイント・クーポンサービスと連携したモバイルサービス機能を構築
  • アドホック通信機能を利用した携帯電話間の情報流通サービス機能
    モバイルFeliCaのiC通信機能を使って、サーバを介さずに携帯電話間でデータを直接やりとりする機能を用い、チケット・クーポン・広告・ポイントなどのデータを、ネットワーク上のサーバを介さずにセキュリティを確保しながら交換するサービス機能を構築

 なお、LightHolderは、携帯電話用アプリケーションを効率的に構築するための開発基盤ソフトウェアで、HTML風言語での携帯電話用アプリケーションの開発、サービスの自動インストール・バージョンアップ、複数サービスの同一アプリ上への搭載などを特長としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加