logo

NVC、IDS/IPSに「YouTube」へのアクセス制御機能を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワークバリューコンポネンツ(NVC)は11月24日、同社が販売する米BroadWeb製のIDS/IPS「NetKeeper」シリーズに動画共有サイト「YouTube」へのトラフィックを規制するアクセス制御機能が搭載されたと発表した。

 BroadWebは、YouTubeのウェブサイトとそのサービス利用の制御を目的とした2つのパターンファイルを提供する。これにより、HTTPプロトコルを経由したYouTubeへのログインのブロッキングと、Macromedia Flash Video(FLV)ストリーミングを利用したYouTubeオンラインストリーミングのブロッキングが可能になる。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]