日本AMDとATIテクノロジーズジャパンが統合--新社長にATI元社長が就任

藤本京子(編集部)2006年11月16日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本AMDは11月15日、新社長として元 ATIテクノロジーズジャパンの代表取締役社長 森下正敏氏が就任したと発表した。この人事に伴い、同日よりATI テクノロジーズジャパンの組織は、日本AMD組織に統合される。

 日本AMDの前代表取締役社長 David M. Uze氏は、米AMD アジアパシフィック コマーシャル セールス&マーケティング担当上席副社長に就任すると共に、当面日本AMDの会長を兼任する。

 組織統合は完了したが、両社の所在地は従来通り新宿区(AMD)と千代田区(ATI)となっている。移転についても検討しているが「時期は未定」(日本AMD 広報)としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加