ジャングル、DVDレコーダーとの親和性を高める動画編集ソフトを発売

エースラッシュ2006年10月25日 22時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャングルは10月25日、DVDレコーダーとの手軽な相互変換を実現した動画編集ソフト「VR Bridge」を、11月16日から発売開始すると発表した。

 今回発売されるVR Bridgeは、テレビ機能付きPCとDVDレコーダーの相互変換を実現し、簡単かつ直感的に操作できる動画編集ソフト。MPEG-2ファイル形式でPC内のHDDに保存されたテレビ番組を、2ステップでDVDレコーダーで再生可能なDVD±VRもしくはDVD-Video形式に変換、DVDメディアに書き込むことができる。また、DVDレコーダーで作成したVR形式の動画を、PCで編集することも可能。CMなどを簡単に省ける簡易カット編集機能も備えている。

VR Bridge

 そのほか、DVD-VRの作成および編集用として、ドラッグ&ドロップによるDVDへの動画追記、ディスク容量表示、ディスク消去機能、プレイリスト追記機能を搭載。

 DVD-VideoとDVD+VR作成に関しては、ドラッグ&ドロップによるリストへの動画追加、メニュー背景やチャプター枠、メニューフォントなどの編集機能、チャプター設定機能、初心者にも分かりやすいウィザード機能などが装備されている。入出力対応ディスクフォーマット(対応メディア)は以下の通り。

  • 入出力ディスク:DVD-Video(DVD±R/RW、DVD+R DL)、DVD-VR(DVD-RW、DVD-RAM)、DVD+VR(DVD+RW)
  • 入力対応フォーマット:AVI、MPEG-1、MPEG-2、WMV、MOV、VOB、IFO
  • 出力対応フォーマット:MPEG-2

 標準価格は6090円だが、今回は3980円となる1000本限定の発売記念キャンペーンも実施される予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加