logo

ウィキペディア共同設立者、新たな百科事典サイト開設を計画 - (page 2)

文:Stefanie Olsen(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年10月17日 21時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Wikipediaは、新技術に対するいくつかの懸念への対策に乗り出した、一方、他の複数の百科事典プロジェクトは、学術情報に対する需要を満たそうと努めてきた。例えば、Digital Universeは2006年に入ってから専門家が管理する百科事典プロジェクトとして発足された。Sanger氏はこのプロジェクトの立ち上げにも協力した。同プロジェクトの最初の取り組みであるEncyclopedia of Earthと呼ばれるサイトには、世界中から集まったボランティアの環境専門家らが執筆、審査した400件の記事が掲載されている。

 Sanger氏は、Digital Universeプロジェクトをしばらく休んでCitizendiumを立ち上げるが、CitizendiumではDigital Universeとは異なるアプローチを取る。Sanger氏は、CitizendiumもWikipediaと同様にユーザーの参加によって進化するサービスにしたいと考えている。Citizendiumは、Wikipediaのオープンソースコードから「分岐」することになる。つまり、Citizendiumは(Wikipediaから)既存の記事データベースを複製し、ユーザーの参加を通じて、新しい独自の百科事典へと進化する。

 しかし、Wikipediaとは異なり、Citizendiumでは常勤のボランティア編集者と「保安員」つまり、ユーザーにコミュニティーのルールを守らせる管理人を置く。基本的に、Citizendiumでは、代表共和制で政教分離を監視する、とSanger氏は語る。

 「これらのいわゆる『保安員』たちは、Wikipediaにおける管理者と同様の役割を果たすが、彼らは記事がどのように書かれるかに関する決定権は持たない。また編集者は、コンテンツについて決定を下す責任を負うが、彼らには人々のアクセスを禁止することはできない」(Sanger氏)

 Citizendiumは、あらゆるテーマに関する記事の執筆、監修を依頼できる各分野の専門家を募っている。CitizendiumとWikipediaのもう1つの相違点は、Citizendiumでは、実名でメンバー登録しなければWikiに投稿できない点だ。このシステムには、いたずらや不正行為の予防効果も期待できる、とSanger氏は語る。

 「世界中の人々を招待し、専門家たちの優しい指導の下で互いに協力し合おうというのが(Citizendiumの)発想だ」(Sanger氏)

 この件について、Wikipediaの関係者にコメントを求めたが、早急な回答は得られなかった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]