「News2u.net」が調達した4億円強の使途と狙いは?

インタビュー:西田隆一(編集部)
文:坂本和弘
2006年10月17日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国内最大級のニュースリリースポータルサイト「News2u.net」を運営するニューズ・ツー・ユー。同社は10月2日、フューチャーベンチャーキャピタル、エヌ・アイ・エフSMBCベンチャーズ、アクセル・ジャパン・インベストメント、伊藤忠ファイナンス──などを割当先とした第三者割当増資で総額4億3750万円を調達した。

 News2u.netは2001年7月、国内初の企業ニュース配信のポータルサイトとして開設した。現在は企業のニュースリリースのほか、各企業の社長のブログを集めた「社長ブログ」やインターネットを使った広報のノウハウを紹介する「こちらIT広報室」などがあり、ネットを通じた幅広いPR支援サービスを提供している。

 今回の第三者割当増資は、ニューズ・ツー・ユーの増資経験の中でも過去に類を見ないほどの規模。この資金を元手に、膨大な量の紙媒体を使って行われていた広告宣伝やIR、人材採用情報、各種情報開示──など従来型の企業情報を同社がいかに変え、強化しようとしているのかに注目が集まっている。

 「企業は今までのような一方通行の広報宣伝活動ではなく、新たに顧客や関連企業と双方向でやりとりをするような方法を構築しなくてはいけない時期に来ている」と話すニューズ・ツー・ユー代表取締役社長の神原弥奈子氏に、今後の事業展開などを聞いた。

--今回、過去にない規模の資金調達をしましたが、これらの資金をどう事業に活用していく考えですか。

 News2u.netのサービスを提供し始めてからすでに5年が経過しました。認知度もずいぶん上がり、ページビューも増え、企業のニュースリリースを自動更新する機能と、ニュースリリースをNews2u.net上に掲載するだけでなく、Exciteやlivedoorなどのサイトに配信するという当社のモデルが、企業にも浸透してきました。

 今回の増資は、今後さらに多様化していくであろう企業のニーズに合わせられるようにシステムを大幅に強化することが第1の目的です。また、システムに関わる人材採用および教育などに使っていこうと思っています。特に技術者の拡充には力を注いでいくつもりです。

--今後自社内で新しいシステム開発したり、既存のシステムを拡充したりするということでしょうか。

 そうですね。とはいっても、もともと当社のシステムは自社内で開発しているので、今回が特別ということではありません。

--技術者以外の分野、たとえば営業などの分野の拡充については?

 最近はサイトを通じた受注も増えているので、特に営業面を強化していくという予定はありません。あくまでサイトを入り口にして、そこから依頼を受けるという形が基本です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加