スポーツ、トレーニング時に最適な「ウォークマン S205F」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
NW-S205F/B
内容:PS3など次世代ゲーム機のコントローラーに採用され、にわかに注目を浴びている加速度を検知する3方向Gセンサーを搭載したスポーツウォークマン。歩数、カロリー消費、距離の計測ができる。メタボリックシンドロームもこれで解消か?

スポーツのする時ためのウォークマンが登場

 今回紹介するウォークマンSシリーズは、スポーツウォークマンの俗称の通り、スポーツに適した機能に特化したウォークマンだ。スポーツに適した機能として、まず挙げられるのが、小型軽量な点。サイズや重さは、これまでに発売された小型軽量タイプのEシリーズをはるかに凌駕している。さらに、この軽量ボディには、防滴機能を搭載。汗や水しぶき、雨などの水滴から本体を守ってくれるスグレモノだ。

 スポーツに便利な機能としては、加速度を検知する3方向Gセンサーの存在だ。ウォークマン本体にかかる加速度を検知し、歩数や距離、カロリー消費などの計測を行ってくれる。Sシリーズオリジナルのスポーツモードを使えば、走るや歩くなどの動きの種類を検知して、その動きに合わせた楽曲が流れてくれる。また、トレーニングにはありがたいストップウォッチ機能も搭載している。

  • 歩数計の表示画面。歩いた歩数をSTEPで表示する。設定により日ごとにリセットすることもできるので、便利だ

  • 表示を切り替えると消費したカロリーが表示されるほか、歩いた距離の表示も行える

  • 表示切替ボタンと再生/停止ボタン、シャトルスイッチがメイン。シャトルスイッチを押し込むとホールド状態になる

一般モデルよりもスポーツに特化したソニースタイル限定モデル

  • ソニースタイル限定モデルのS205Fは、アームバンドが同梱。一般販売モデルS203Fでは、アームバンドが別売りとなる

 S205Fは、ソニースタイル限定モデル。一般モデル(S203F)とは容量とセット内容が違っている。S203Fは、1Gバイトの容量にヘッドフォンの組み合わせだが、S205Fは、2Gバイトの容量に耳掛け付きのヘッドフォンの組み合わせになっている。さらにS203Fでは、オプションとなっているアームバンドが同梱されている。つまり、S205Fは、スポーツしながら音楽をすぐに楽しめるセットになっている。せっかくなので、アームバンドを使用して、ランニングとウォーキングを試してみた。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加