トリプレットゲート、フレッツスポット対応で公衆無線LANエリアを拡大--1万2200カ所に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリプレットゲートは10月11日、公衆無線LAN接続サービス「WirelessGate」において、NTT東西が提供する「フレッツスポット」が追加契約により利用可能になったと発表した。

 WirelessGateは現在、日本全国で約6700カ所の利用可能エリアを有しているが、これにフレッツスポットの約5500カ所でも利用可能になることでエリア数は1万2200カ所となり、国内最多となる。なお、フレッツスポットの利用は既存の基本プランに追加するオプションプランとなっており、追加料金は月額945円となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加