これからは「ドロップシッパー」と呼びましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブシャークとリアルコミュニケーションズは10月5日、ドロップシッピングサービスの販売者の呼称を「ドロップシッパー」で統一することで合意したと発表した。

 これまで、国内のドロップシッピングサービスにおける販売者の呼称は、プロバイダによって異なっており、ドロップシッピングの普及のため、分かりやすい呼称に統一する必要性が指摘されていた。

 ドロップシッパー(Drop Shipper)は、アメリカでは商品を消費者に直送するメーカー、ベンダー、サプライヤーら供給者を指すが、アフィリエイトサービスでの販売者が「アフィリエイター」という呼称で普及していることから、両社は、自社のサイトでドロップシッピングサービスの販売者をドロップシッパーと呼称することで合意した。

 さらに両社は、ドロップシッパーの呼称の採用を他のドロップシッピングプロバイダへも呼びかけ、10月5日までに5社から賛同を得た。ドロップシッパーの呼称が普及、浸透していくことで、販売者となるユーザーの増加が期待されるとしている。

 ドロップシッパーの呼称に賛同し、採用する企業は以下の通り(順不同)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加