logo

シグナルトーク、PCゲーム配信に関してインテルと協業--Viiv向けに提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゲーム開発のSignalTalkは10月3日、家庭用PCゲームのコンテンツ提供に関してインテルと協業すると発表した。

 この協業により、インテルの「Viiv(ヴィーブ)」プラットフォーム向けに、SignalTalkのゲームコーナーである「SignalTalk Games」を提供する。

 Viivは、インテルが提唱するデジタル・エンターテインメント・プラットフォームのことで、リビングで付属のリモコンでさまざまなデジタルコンテンツに手軽にアクセスでき、パソコンが苦手な人でも簡単に扱うことができるとしている。

 SignalTalk Gamesは、Viiv対応マシンに標準搭載されている、Media Center内の「メディア オンライン」に設置され、SignalTalkよりオリジナルコンテンツを供給する仕組みとなる。

 10月下旬からの供給を予定しているのは、「Maru-Jan麻雀脳力塾」と「まわりっぱ」の2コンテンツとなっている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]