BCNが年末商戦予測、デジカメは晴れ、薄型テレビは晴れところにより曇り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 BCN(奥田喜久男社長)は9月28日、都内で記者会見を開き、「BCNランキング」をもとにした06年の年末商戦予測を発表した。天気予報になぞらえて、薄型テレビは「晴れところにより曇り」、DVDレコーダーは「曇り」。また、一眼レフが好調のデジタルカメラは「晴れ」とした。

●順調な立ち上がりを見せる薄型テレビの新モデル

 薄型テレビ市場は、サッカー・ワールドカップ(W杯)需要の反動で8-9月に大きく落ち込んだが、在庫調整はほぼ終了。9月に各社が投入した年末商戦用の新モデルが順調に立ち上がり始め、9月(9月1日-20日)の台数ベースでは前年同月比138.2%、金額ベースで同126.0%と回復。9月第4週での新/旧モデルの台数構成比では、前年では新モデルの構成比が12.7%であったのに対し、今年は19.2%と上昇。価格下落に歯止めがかかりそうだ。

【図と記事詳細はこちら】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加