MS、Messenger for Mac 6.0を提供開始--iTunesとの連携機能を搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月28日、「Microsoft Messenger for Mac 6.0」の提供を開始した。Mactopia Japanサイトより無料でダウンロードできる。

 Messenger for Mac 6.0は、Intel搭載のMacでもPowerPC搭載のMacでも動作する「Universalアプリケーション」化されたことに加え、個人ユーザー向け機能が主に強化されている。より多くの選択、カスタマイズ機能を提供するとともに、新しくメッセージのスペルチェック機能を加え、タイプミスの心配をせずにインスタントメッセージングサービスが利用できるようになった。

 また、絵文字のカスタマイズおよび作成や、現在自分がiTunesで聴いている曲をMessengerに登録しているメンバーに公開する「聴いている音楽の表示」機能を含め、他のメンバー向けに自分のメッセージを公開表示したりすることができるパーソナリティ機能の強化を行っている。

 一方で、ビジネスユーザー向けには、前バージョンのリリース後、IT部門の管理者から寄せられたフィードバックを反映し、IT部門による管理作業が容易になるよう、社内で「Live Communications Server」だけを展開できるオプションを提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加