logo

「Movable Type」にセッションハイジャックの危険性--最新版にバージョンアップを

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVN(JP Vendor Status Notes)は9月26日、シックス・アパートが提供する「Movable Type」に、クロスサイトスクリプティングの脆弱性が確認されたと発表した。

 Movable Typeは、ブログを作成・管理するためのソフト。同ソフトの検索機能に、ウェブページを出力する際の処理が不適切であることが原因で、クロスサイトスクリプティングを実行される脆弱性が発見された。この問題が悪用されると、ブラウザ上で悪意あるスクリプトを実行される危険性がある。

 脆弱性が存在するMovable Typeのバージョンは3.3、3.31、3.32。また、Movable Type Enterpriseのバージョン1.01および1.02にも同様の脆弱性が確認されている。シックスアパートでは、この脆弱に対する対策を施した新バージョンをリリースしており、バージョンアップするよう呼びかけている。

-PR-企画特集