機能は似てても価格は10分の1--キングソフトがオフィスソフトを発売へ

エースラッシュ2006年09月21日 21時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キングソフトは9月21日、統合オフィスソフト「Kingsoft Office 2007」を2007年1月に発売、先駆けてそのベータ版を11月1日から公開すると発表した。

 Kingsoft Office 2007はマイクロソフトの「Microsoft Office 2003」と操作性やファイル互換性を最大限に近付けたことを特徴としている。

 ワープロソフトである「Kingsoft Writer」と、表計算ソフト「Kingsoft Spreadsheets」、プレゼンテーションソフトの「Kingsoft Presentation」が含まれており、対応するMicrosoft Office製品で作成されたファイルをズレなく表示することや、編集、保存が可能だという。保存形式も、Microsoft Office製品と同じ形式で行える。

 ツールバーの機能の配置などもほぼMicrosoft Officeと同じであるため、操作にとまどうこともないとしている。独自機能としては、PDF出力機能、複数ファイルを開いた場合のタブ表示機能、追加パッチなどの自動アップデート機能が用意されている。セキュリティ機能に関しては、独自のKRM暗号化技術によるパスワード機能付きでのファイル管理が可能だ。

 動作環境はWindows 2000/XPに加え、次期OSであるWindows Vistaにも対応する。アプリケーションサイズはダウンロード時で31Mバイト、インストール時で87Mバイト。

 価格は3製品を含む「Kingsoft Office2007 Standard」が4980円で、プレゼンテーションソフトを含まない「Kingsoft Office2007 Personal」が3480円だ。単体ソフトの個別販売は1980円となっている。なお、ベータ版は2007年3月末日まで無料で公開される予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加