日本通信グループ会社、個別PCを守る不正侵入防御システム「パーソナルIPS」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本通信は9月19日、連結子会社であるアレクセオ・ジャパンが個別PCを守るための不正侵入防御システム「パーソナルIPS」の出荷を10月から開始すると発表した。

 パーソナルIPSは、米Arxceo Technologyの小型IPSをPCに組み込めるように設計した、PC自体を守る専用IPS。パーソナルIPSカードを鍵として用い、PCのカードスロットに挿入された状態であれば、いつでもIPSが機能するように設計されている。

 特別な設定は必要なく、付属のソフトウェアをPCにインストールし、パーソナルIPSカードをPCのカードスロットに差し込むだけでIPS機能が有効になる。アノーマリ、ビヘイビア分析に基づく検知エンジンおよびアンチ・ポートスキャニング技術により、不正アクセスやワームなどの攻撃を未然に防ぐことができるという。

 また、同製品には1年間使い放題のPHSデータ通信料金が含まれている。1年間経過後に更新ライセンスを購入すると、引き続き使用することも可能だ。

 「安心インターネット」ファミリーのひとつとして出荷される。価格はオープンだが、想定実勢価格は16万円前後となる見込み。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加