アウンコンサルティング、主要業者の認知度などを独自調査した「業界別レポート」を販売開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アウンコンサルティングは9月19日、業界別の主要業者の認知度や利用率、ユーザー動向などを独自調査し、その結果をまとめたものを「業界別レポート」として販売を開始すると発表した。今回対象となる業界は「引越」「資格」「賃貸」の3つ。各レポートはA4判、25頁前後で、価格は5万2500円。

 レポートでは、業界別の消費者の検索エンジン利用動向の調査のほか、各業界におけるユーザーの消費行動や傾向、そして業界内の主要業者の認知度、利用率調査を行っている。また、コレスポンデンス分析と呼ばれる手法により、各業界主要業者が一般ユーザーからどのようにイメージされているかを分析するなど、マーケティング戦略の立案にあたって有用なデータをまとめたとしている。

 レポートの概要は以下の通り(引越業界の場合)。調査方法はインターネット調査、調査期間は7月27日〜7月31日。

  • 引越の経験回数(過去10年):「1回〜4回」が4割強
  • 引越業者の認知度1位:「アート引越センター」
  • 引越業者の利用有無1位:「日本通運」
  • 引越業者の今後の利用意向1位:「クロネコヤマトの引越サービス」
  • 引越業者選定のツール・媒体:「インターネットの利用」が8割強
  • インターネット/携帯端末利用の理由1位:「比較がしやすいから」
  • 引越業者の情報入手先1位:「各社ホームページ」
  • 引越業者を選ぶ際の決め手:「引越代金が安いこと」など
  • 利用サイトに到達した過程:「Yahoo! JapanやGoogleなどの検索エンジン経由」
  • 検索エンジン利用時のキーワード:「引越」のほか「引越業者」など

 また、有償版のほか、インターネット業界で話題のキーワードについて、無償版の簡易レポート配布も開始する。今回のテーマは、「日本のSNS概況」で、mixiやGREEなどについてまとめている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加