MS、YouTube対抗サービス「Soapbox」のテストを開始

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年09月19日 15時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 [日本時間9月20日午前8時30分更新]Microsoftは米国時間9月19日、ユーザーが自作した動画をアップロードするための新サービス「Soapbox on MSN Video」のベータ版提供を開始した。

 MicrosoftがスタートしたSoapbox on MSN Videoは、人気のビデオ共有サイトYouTubeを真似たものだ。YouTubeは、素人のユーザーが作成した動画を共有するという点で、オンラインで大きな話題を呼んだサービスだ。このほかにも、オンライン動画市場には、Google Video、Yahoo Video、Revverなど多くのサービスがある。

 「Warhol」という開発コード名を持つSoapbox on MSN Videoは、最終的には「Windows Live Messenger」や「Windows Live Space」に統合され、インスタントメッセージの中にビデオへのリンクを貼ったり、自分のブログに動画を入れたりといったことが可能になっている。

 ユーザーは、動画を評価したり、コメントをつけたり、タグ付けすることができる。またRSSフィードを作成したり、電子メール経由で友人とリンクを共有したりすることもできるという。さらには、Soapboxプレーヤーを直接自分のウェブサイトやブログに組み込むことも可能という。

 アップロード容量は最大100Mバイトに制限されているが、アップロードする動画の長さや数に制限はない。動画はフルスクリーンして視聴することもできる。

 Microsoftのエンターテインメントビデオサービス担当ゼネラルマネージャのRob Bennett氏は、YouTubeの市場におけるリーダーシップは確立しているが、MSNの月間4億6500万人の訪問者でSoapboxはYouTubeに対抗できるだろうと見る。

 「市場はまだ立ち上がったばかりだ。彼ら(YouTube)がリードしているのは間違いない。だが、イノベーションと競争の余地はまだ十分に残っているはずだ」(Bennett氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加