ドコモ、FOMA903iシリーズ対応「メガゲーム」を開発--iアプリのプログラム領域を最大1Mバイトに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月15日、次期モデルとなるFOMA903iシリーズの発売にあわせ、大容量のiアプリゲーム「メガゲーム」を提供するため、ゲームメーカーと開発を進めていると発表した。

 メガゲームは、iアプリのプログラム領域のサイズを最大1Mバイトに拡張し、メガiアプリ上での動作を可能としたリッチゲームコンテンツ。従来の3Dグラフィックや3Dサウンドに加え、高解像度のグラフィック、高音質のBGMや音声、高画質のムービーなどを取り入れたゲーム構成が可能になるとしている。

 これまでのiアプリは、プログラム領域を最大100Kバイト、データ保存領域を最大400Kバイトとし、2つの領域に各々サイズ制限を設けていた。メガiアプリでは2つの領域サイズを可変にし、プログラム領域は従来の10倍となる、最大1Mバイトまで利用可能となった。データ保存領域も本体メモリだけではなく、外部メモリに拡大して、数Mバイトから数十Mバイトといった大容量のメガiアプリ利用も可能になる。

 これまで、長編のロールプレイングゲームなど大容量のiアプリゲームは、複数のiアプリによって構成されていたが、メガゲームでは1つのメガiアプリでの構成が可能となり、1回のダウンロードでゲームを利用できるという。

 FOMA903iシリーズの発売に合わせて提供を予定しているゲームタイトルは、「鉄拳2」「機動戦士ガンダムSEED〜鳴動の宇宙〜」「ストリートファイターZERO」「バイオハザード エピソード」「DIRGE of CERBERUS LOST EPISODE -FINAL FANTASY VII-」「モバイル・パワフルプロ野球MEGA」など。ドコモでは、16タイトルを含む合計53タイトルを順次提供していくとしている。

 なお、9月22日から24日にかけて、幕張メッセにて開催されるTOKYO GAME SHOW 2006のドコモブースで、実際にゲームを体験できる試遊展示を実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加