logo

フェイス、MMORPG「ローズオンラインエボリューション」利用者の個人情報流出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フェイスは8月8日、同社の運営するオンラインゲーム「ローズオンラインエボリューション」のウェブサーバーに外部から不正なアクセスがあり、同サービス利用者の個人情報の一部が流出した可能性があることが判明したと発表した。

 同社は6日、第三者によってウェブサーバーに対し不正なアクセスがあった事実を確認し、社内調査を行った。その結果、同サービス会員の個人情報の一部が流出した可能性があることが判明したため、同日15時45分、ゲームサービスおよび会員ページを停止し、同サービス会員情報への外部からのアクセスを完全に遮断した。7日には社内に緊急対策チームを設置するとともに、専門機関に委託し、流出状況の調査と原因究明を開始。8日、専門機関の初動調査によって、同サービス会員の個人情報の一部が流出している可能性が高いことが判明した。

 現時点で流出した可能性のある会員情報は、アカウントID、パスワード、メールアドレスとなっており、さらに一部会員については、登録氏名、登録住所、登録生年月日が流出した可能性もあるという。個人情報が流出した可能性のある登録会員件数は現在調査中としている。

 フェイスでは、不正アクセス禁止法違反等の刑事事件に該当するものとして司法当局および関係官公署に相談を開始したという。また、詳細な事実確認、原因究明および再発防止策が完了するまで、同サービスのうちゲームサービスおよび会員ページを停止するとしている。

-PR-企画特集