ヴイエムウェア、ついにMac OS X向けの製品を発表

文:Caroline McCarthy(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2006年08月08日 01時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想化ソフトウェアを開発するVMwareが、Mac OS X向けの製品を発表した。これを利用するとユーザーは、コンピュータを再起動することなく、複数のOSを同時に起動することができるようになる。

 VMwareによると、このソフトウェアはApple Computerがサンフランシスコで開催するWorldwide Developers Conferenceにて米国時間8月7日に発表される予定だ。これを利用すると、Macintoshマシン上でWindows XP以外に、LinuxやSun MicrosystemsのSolaris、NovellのNetwareを起動できるようになる。ユーザーは、タブをクリックすることでそれぞれのOSにアクセスすることができる。ファイルはドラッグ&ドロップ機能を使いながら、ファイルをOS間で移動させることもできると、VMwareは述べる。なお、このソフトウェアの正式名称は未定だ。

 ほかのMac用仮想化ソフトと同じく、この製品も2006年1月より出荷が始まったIntel製プロセッサ搭載マシンに利用が限られる。

 複数のOSを同時に稼働させる仮想化ソフトは、これまでにもMacユーザー向けに出されている。6月にはParallelsがMacのアプリケーションと同時にWindowsプログラムも動作させられるソフトウェアの正式版を発表している。これに対して、VMwareではWindows以外のOSを起動できる点が、自社製品の長所だとしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加