日本ビクター、アルネオほかフラッシュメモリー内蔵のオーディオ製品4機種を発表

加納恵(編集部)2006年08月01日 18時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターはフラッシュメモリーを内蔵したメモリーコンポ製品2機種とデジタルオーディオプレイヤー「アルネオ」の新モデル2機種を9月上旬より順次発売する。

 発売されるのは、512Mバイトのフラッシュメモリーを内蔵したミニコンポ「メモリーリップラップ UX-QM7」、一体型CD-MDシステム「メモリークラビア RD-M2」と、1Gバイト、512Mバイトと2つの容量をラインアップしたデジタルオーディオプレイヤー「アルネオ XA-F112」(1Gバイトタイプ)、「アルネオ XA-F52」(512Mバイトタイプ)の全4機種だ。

「メモリーリップラップ UX-QM7」、店頭実勢価格は4万6000円前後。9月下旬より発売される

 ミニコンポ、メモリーリップラップ UX-QM7は、従来のCD、MD、FM/AMチューナーに、512Mバイトのフラッシュメモリーを内蔵したオールインワンタイプとなる。フラッシュメモリーを内蔵することで、CD、MD、ラジオなどあらゆる音楽コンテンツを、これ1台でMP3ファイルに変換し、保存できる。

 今まで録り貯めたMDライブラリをMP3ファイルとして取り込んだり、USB接続によって、デジタルオーディオプレイヤーに転送できるなど、PCレスでMP3ファイルをやり取りできる。

 本体カラーはパールホワイトとプラチナシルバーの2色展開だ。

「メモリークラビア RD-M2」、店頭実勢価格は4万円前後。9月上旬より発売される

 一体型CD-MDシステム、メモリークラビア RD-M2は、UX-Q7の機能を内蔵しながら、本体を一体化したポータブルシステムだ。本体には持ち運びに便利なキャリングハンドルも装備されている。

 本体カラーはホワイト、ピンク、シルバー、メタリックグレーの4色展開となる。

メモリーリップラップ UX-QM7、メモリークラビア RD-M2では、512Mバイトのフラッシュメモリーに約250曲程度の音楽が保存可能だ。

 デジタルオーディオプレイヤー、アルネオ XA-F112(1Gバイトタイプ)、アルネオ XA-F52(512Mバイトタイプ)は、ポータブルタイプだ。USBケーブルを介することで、PCレスでミニコンポやCD-MDシステムから直接録音できる「ダイレクトレコーディング」機能を搭載する。

1Gバイトタイプ「アルネオ XA-F112」(左)は1万7000円前後、512Mバイトタイプ「アルネオ XA-F52」(右)は1万3000円前後の店頭実勢価格にて販売予定。9月上旬より発売される

 本製品より、お気に入りの曲だけを簡単に集めて再生できる「お気に入り(FAVORITE)」キーを採用した。これは、曲の再生中に本体の専用「FAVORITE」ボタンを押すことで、簡単に曲をマーキングでき、それらの曲のみを再生できるという独自機能だ。

 ディスプレイには視認性に優れる有機ELを採用、バッテリーは単4アルカリを使用。ボイスレコーダー機能も装備している。

 1Gバイトのアルネオ XA-F112はスパークルブラック、リアルレッド、プラチナシルバー、パールホワイトの4色展開。512Mバイトのアルネオ XA-F52はターコイズブルー、サファイアピンク、パールホワイト、クリスタルブルー、ルビーピンクの5色展開となる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加