昭文社、ネットによるローカル広告事業へ本格参入、9月にはモバイル向けも開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昭文社(黒田茂夫社長)は、リビット (LiBIT,Inc.)を100%子会社として設立した。新会社リビットでは、8月に「ちず窓」の新しい広告ビジネスを展開するほか、9月にはモバイル向けローカル広告ビジネスを開始する予定。

 今回設立した子会社では、これまで同社で運営してきたブログ地図ウェブサービス「ちず窓」と、携帯専用ペットゲーム&ブログサービスの「BitPets(ビットペッツ)」を移管し、これらのサービスを軸に、モバイルを中心としたローカル広告事業への本格参入を行う。

 ブログに地図を貼れる無料サービスの「ちず窓」は、会員によって登録されたブログ記事数が2万7000件を超えている。また、携帯ペットコミュニケーションサイト「BitPets」は、有効会員数が12万人(06年7月現在)を超え、月間のページ表示回数も1億PVを超えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加