つくばエクスプレス列車内無線LANインターネット接続トライアル終了、商用化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インテルは7月25日、首都圏新都市鉄道、NTTブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)らと実施してきた、つくばエクスプレス列車内の無線LAN環境整備を7月31日に完了し、以後NTTドコモとNTT東日本にて商用サービスの提供を開始すると発表した。

 つくばエクスプレスは2005年8月24日に開業し、秋葉原とつくば間を結ぶ路線には20の駅がある。3社による列車内無線LANインターネット接続トライアルは、2005年8月24日から2006年7月31日まで実施され、約4000名のモニターアンケートにより、通信品などが調査された。トライアル開始当初は列車内および秋葉原、新御徒町、浅草、南千住、北千住、青井、六町、柏の葉キャンパス、つくばの主要駅のみでのサービス提供だったが、つくばエクスプレス全20駅および全車両で無線LAN環境が整備されたことになる。

 モニター期間終了後は商用サービス化され、8月24日よりNTTドコモが提供する公衆無線LANサービス「Mzone」および「mopera U」のサービスエリアとして提供される。また、NTT東日本「フレッツ・スポット」のサービスエリア化についても2006年内を予定している。

 インテルは今後、首都圏新都市鉄道、NTTBP、NTTドコモ、NTT東日本および沿線の自治体などとも協力し、沿線駅周辺の商業施設や公共の場において、無線LANやITを活用した街の活性化や住民の利便性の向上に取り組んでいくとしている。具体的には、地域に特化したエリアポータルサービスや無線LANを利用した広告・情報配信、Edyによる決済・個人認証サービス、およびVoIPを利用した内線通話などを想定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加