logo

ヤフー、ジェシカ・シンプソンの楽曲をDRMフリーで提供

文:Caroline McCarthy(Special to CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年07月21日 16時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahooは米国時間7月19日、Jessica Simpsonの最新シングル「A Public Affair」をMP3フォーマットで販売することを発表した。通常のオンライン音楽には、著作権保護のためのコーディングが施されているが、この楽曲にはこの処理がなされていない。

 「A Public Affair」は、DRM(デジタル著作権管理)なしで販売される。そのため、iPodからiRiverまで、あらゆるデジタル音楽再生プレイヤーで利用できる上、DRMで保護されたファイルを読み取れない動画/音楽編集プログラムでも利用できる。

 MP3フォーマットは、音楽ファイルを違法で複製・共有できるPtoPネットワークの世界では普及しているが、Yahoo、Rhapsody、Apple Computerの「iTunes Music Store」などのオンライン音楽ストアで見かけるのは珍しい。これは、ファイルにDRM技術を組み込むことで、コンテンツが格納される場所、ファイルへのアクセス頻度や時間を制限するのが通常だからだ。音楽ファイルの場合、DRMはその楽曲が複製/共有される回数や再生できるデバイスを管理できる。

 Yahoo MusicのブログでIan Rogers氏は「われわれはこれまでレコード会社に対し、ここしばらくはMP3フォーマットで楽曲を提供すべきだ説得を試みてきた」と書いている。「DRMはコストがかかる。Yahooのような企業にとって、これを実装するのは非常に高価だ。われわれのエンジニアには、複雑なプロビジョニングシステムよりもパーソナライズ、推薦、プレイリストなどのアプリケーションや、コミュニティリストアプリケーションの改善に時間を割いてほしい。複雑なシステムを開発・実装したところで、最終的にはユーザーはCDに焼き、DRMを解除してしまうのだ」(Rogers氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集