Web 2.0の挑戦者:ソーシャルブックマーキングとショッピングの融合サイトStylehive

文:Emily Chang 翻訳校正:吉井美有2006年07月12日 08時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

StylehiveのCEOであるMichael Carrier氏がメールでのインタビューに応えてくれた(2006年3月9日送付)。

Stylehiveはどのようなサービスを提供するWebアプリケーションですか。

われわれのキャッチフレーズは「モノとショッピングに取り憑かれた人のためのソーシャルブックマーク」ですが、広義には、ネット上の取れたて最新情報を見つけて共有するエキサイティングなサイトです。

このプロジェクトを始めたきっかけは何ですか。

Stylehive CEO

以前から、他の人たちがネット上でクールだと思っているものを知りたいと思っていました。皆さんがどんなモノをどこで見つけたのか知りたかったのです。そして、ネット上の巨大コミュニティのメンバがショッピングや最新トレンドの話を持ち寄ったら、世界中の面白い商品と、世界中の商売人が商品化したがるようなアイデアと創造性が次々に出てくるに違いないと思ったのです。とにかく面白いものになりそうな気がしました。

Stylehiveの運用や拡張にどのくらいの時間を割いているのですか。

Stylehiveはかなり大きなプロジェクトです。開発スタッフはかなりの人数にのぼり、機関投資家の支援も受けています。このソーシャルショッピングというアプローチの将来性に賭けているのです。

スタッフは何人くらいいるのですか。また、みなさんの経歴をお聞かせください。

私は12年間、インターネット企業家としてやってきました。今までに、2つの新興企業を興し育てた経験があり、どちらも成功を収めています。チームのメンバは多すぎて個別には紹介できませんが、技術、小売業、ショッピング、流行ファッションなどの分野で経験のある専門家ばかりです。

Stylehiveの設計哲学をお聞かせください。

われわれは設計がすべてだと信じています。たいていの場合、機能は多ければよいというものではなく、数を最小限に絞って本当に必要な機能だけを実現することが重要です。機能を追加するのではなく、不要な機能を削除するように常に努力しています。

どのようなテクノロジを使用しているのですか。

Linuxと、ほとんどの新興ネット企業が採用しているオープンソースのアプリケーション、データベースサーバを使っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加