logo

NTTドコモ、デザイナーとのコラボ端末など702iSシリーズ6機種を発表

エースラッシュ2006年07月04日 21時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは7月4日、FOMA端末「7シリーズNew Models」としてD702iF、P702iD、N702iS、SH702iS、M702iS、M702iGの6機種を開発したと発表した。価格はオープンだが、実売価格は2万円台半ば程度。夏モデルとして順次発売していくが、M702iS、M702iGは遅れ、秋・冬あたりまでずれ込む見込みという。

 D702iFは、セレクトショップオーナー兼デザイナーである幾田桃子氏とのコラボレーション端末だ。端末デザインには女性の手にフィットする柔らかな曲線の「マーキスライン」を採用しているほか、女性の身体のバイオリズムを知らせるiアプリや、美容と健康のための料理レシピ集アプリを搭載するなど、女性向けの端末となっている。また、サイドキーを押すことで着信したかのようにカモフラージュできる「ほっとメロディ」機能も搭載されている。「夜道を歩く女性には便利。奇抜な機能ではないが、女性にとって安心できる機能を搭載した」(NTTドコモ マルチメディアサービス部の増田智子氏)という。なお、カラーバリエーションはライラック・ミラージュ、コーラル・コーラル、グリーン・エア、ホワイト・サンドの4種類だ。

 P702iDは、P701iDから引き続きグラフィックデザイナーである佐藤卓氏とのコラボレーション端末だ。カメラ部の突起やキー部分の凹凸がなくなったフラットなデザインを採用したほか、角部分が角張ったスクエアスタイルと、角丸加工のされたラウンドスタイルの2つのデザインが用意されている。サブディスプレイには有機ELを採用。光の階調も二倍にアップし、光のパターンを楽しめる「ヒカリドロップス」もよりなめらかになった。また、7シリーズとしては初の着うたフル対応機種となる。外部メモリとしてminiSDカードにも対応している。カラーバリエーションは、スクエアスタイルがホワイトとブラック、ラウンドスタイルがシルバーとコーラルと、それぞれ2種類が用意された。

 N702iSは、デザイナーである佐藤オオキ氏とのコラボレーション端末だ。グラスをイメージしたフォルムに、水泡のような背面表示「アクアイルミネーション」が配されている。本体の傾きに反応する加速度センサーを搭載しており、待ち受け画面が傾きに応じて液体のゆらぎを表現。本体を傾けることによって操作を行うことができ、赤外線通信時には水音とともにアドレスなどが通信されるなど、液体のイメージにこだわった端末だ。卓上ホルダも透明に青いイルミネーションが点灯し、本体のアクアイルミネーションも点灯する仕組みになっている。カラーバリエーションはMineral Water、Strawberry Milk、Cafe Latteの3種類だが、全5種の両面着せ替えパネル「スタイルプラス」によって、好みの色に着せ替えることができる。

 SH702iSは7シリーズ最大となる2.4インチのモバイルASV液晶を採用している。ワンボタンで覗き見を防止できる「プライベートフィルタ」機能を搭載した。本体デザインはサブ液晶まわりにアルミ素材を配して本体カラーとのコントラストを引き立たせた薄型のデザインだ。カラーバリエーションはオレンジ、ホワイト、ブルーの3種類が用意されている。

 M702iSとM702iGは、7シリーズ初の国際ローミングサービス「WORLD WING」対応機種だ。M702iSはFOMA最薄となる厚さ14.9mmの薄型端末で、3Gローミングによって海外でもiモードやiチャネルなどの利用が可能。M702iGは3GおよびGSM、GPRSネットワークローミングに対応している。また、ネットワーク自動切り替え機能や時差補正機能など海外使用に便利な機能が搭載されているほか、7シリーズ初のBluetooth搭載機種でもある。カラーバリエーションは、M702iSがNeo black、Hot pink、Cool silverの3種類で、M702iGはボルドーパープルとスパークリングホワイトの2種類となっている。

 今回発表されたラインアップには、おサイフケータイに対応したものがひとつもない。これについて「今回はおサイフケータイとの親和性が高いものがなかったというだけ。今後は出さないということではない」(増田氏)とコメントした。2006年5月にFOMAの契約数が約2530万台となったが、うち7シリーズ製品は約700万台という。ハイエンド向けの機能を搭載した9シリーズに対し、普及モデルとして2005年に登場した7シリーズは、今回で4シリーズ目となる。「発売を重ねて、コンセプトがより明確になってきた。7シリーズは順調に推移している」(増田氏)とアピールした。

左から、D702iF、P702iD、N702iS、SH702iS、M702iS、M702iG 左から、D702iF、P702iD、N702iS、SH702iS、M702iS、M702iG

-PR-企画特集