logo

ACCESS、情報家電向けの組み込みミドルウェア「NetFront Living Connect」を開発

ニューズフロント2006年06月21日 16時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ACCESSは6月21日、情報家電向け組み込みミドルウェア「NetFront Living Connect」を開発したと発表した。家庭内ネットワークの標準規格「DLNA Network Device Interoperability Guidelines expanded: March 2006」に対応する。DLNA対応製品の短期開発を目指すメーカーなどに提供するという。SDKの発売は10月ごろを予定する。

 NetFront Living Connectは、ACCESSが3月に買収した米国のIPソフトウェア開発会社IP Infusionと共同開発した製品。OSやCPUを選ばず動作し、メモリー資源の限られた機器に搭載できるのが特徴という。対応製品はテレビ、セットトップボックス(STB)、ハードディスクレコーダー、携帯電話機、デジタルカメラ、プリンタ、ホームゲートウェイなど。

 デジタルメディアサーバ(DMS)、デジタルメディアプレーヤ(DMP)といったDLNAのデバイスクラス(製品種別)ごとに機能をモジュール化しており、必要なデバイスクラスの機能のみを実装できる。

 アプリケーション部分は、ユーザーインタフェースと実装部分を分離しており、GUIを自由に開発できる。またDTCP-IP形式やWindowsDRM形式のデジタル著作権管理(DRM)に対応。このほか、ACCESSが開発したHTML/BMLブラウザや、ACCESSと沖電気工業の合弁会社OKI ACCESSテクノロジーズ製のデータ圧縮/伸張ソフト(CODEC)、メディアプレーヤソフトとの連携機能を備える。

 ACCESSは、同ミドルウェアを組み込んだ実機を、6月28日から東京国際展示場(東京ビッグサイト)で開催される「組込みシステム開発技術展(ESEC)」に出展する。

-PR-企画特集