logo

Macのシェア拡大の起爆剤となるか--正式版の登場が迫るParallels - (page 2)

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、小林理子2006年06月15日 21時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Parallels Desktopの価格は79.99ドルだが、15日の正式発売から30日間は49.99ドルで販売する。

 Parallelsにとって今後起こりうる問題は、Appleが、Boot Campに加え、Mac OS上でWindowsのプログラムを実行でき、Parallels Desktop以上に高機能なものを提供する可能性があることだ。そのような機能がLeopardに搭載されるかもしれないという推測は、以前からある。

 しかしRudolph氏は、他の企業が行うことを心配している暇はないと言う。

「われわれは仮想化だけに集中している。それに比べ、Appleには数多くのさまざまな製品がある。何が起ころうと、われわれのほうがより速く質の高いソリューションを提供できるのは間違いない」とRudolph氏。

 バージニア州ハーンドンに本拠を構えるParallelsは、2人の創設者がフリーランスでヘルプデスクの仕事をしているときに始めた会社だ。2人は、自分たちが仮想化の優れた技術を持っていることに気づき、Parallels Desktopの基となるソフトウェアエンジンを発案した。

 Rudolph氏によれば、会社はいまでは75名の従業員を抱え、さらに毎週のように新しい社員が加わっているとのことだ。

 「スタート時もいまもほんの小さな企業であることは変わらないが、われわれは大きな製品を手にしている」と、Rudolph氏は語った。

 また、具体的には明かさなかったものの、Parallelsはベンチャーファンドからの融資も受けており、「今後2、3年間事業を続けていくだけの資金は十分にある」とRudolph氏は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]