Web 2.0の挑戦者:家族のためのソーシャルサイトAmiglia - (page 2)

文:Emily Chang 翻訳校正:吉井美有2006年06月16日 13時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

--Amigliaについて最も優れていると自認する点は何ですか。

新しいユーザーから、短時間でこれだけのものを作成できるとは思わなかった、といったうれしいメールをいただくことがあります。家系図と写真アルバムを連携させ、そこに家族の紹介文(特に曾祖父などの古い先祖)や歴史を添える、こういった機能がとても受けています。旅行アルバムの位置特定機能やマッピング機能が気に入ったという人もいます。この機能を使うと、旅行写真を現地の衛星写真や道路地図と関連付けながら、スライドショーで表示することができます。こんなサービスが欲しかったんだ、という声を聞くと最高の気分になりますね。

--Webで現在起こっているシフトを若い人たちに向けてどのように説明しますか。

わたしたちにとって、Web 2.0とは現実的な目標であり、おもしろいアイデアです。ドットコムバブルは崩壊しましたが、生き残った人々は自分がこの仕事を愛していること、eBayの創設者でなくてもおもしろい会社を作り、価値あるサービスを提供できることに気づきました。Amigliaはまさにそうしたサイトのひとつだと思っています。わたしたち家族はとても仲が良く、誰もがAmigliaを楽しんで使っています。家系図を作成し、写真を共有するための独創的で直感的なツールを探しているすべての家族に、Amigliaを提供していきたいと思っています。

--ご自身のサイト以外に毎日どのようなサイトにアクセスしていますか。

5月に娘が生まれるので、BabyCenter.comが大のお気に入りです。コンテンツと商品のバランスが絶妙だと思います。ほかによく見るサイトとしては、現在の状況を把握するためにもちろんeHub、それからありがちですがDigg、Del.icio.us、BoingBoing、LifeHackerなどです。

--睡眠時間はどのくらいですか。

Milenaはわたしよりましですが、妊娠後期に入ってからは以前より眠りにくくなっているようです。わたしは生まれついての不眠症なので、昔から睡眠時間は短いですね。週末にちょこちょこ昼寝をして、ラクダ式睡眠法を実践しています。

メールでのインタビューに応じてくれたAmiglia.comの創設者であるPaul&Milena Berryに謝意を表する。

画像の説明

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]