2005年のオンラインゲーム市場規模は820億円超に--前年比1.4倍の成長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインゲームフォーラム(首都圏情報ベンチャーフォーラム「オンラインゲーム研究会」分科会)は5月25日、「オンラインゲーム市場統計調査報告書2006」を発表した。

 この調査は、事業者が商行為として、または利益につながるサービスとしてプレイヤーに正式に提供している、オープンベータサービスを含むオンラインゲームタイトルおよびその運営サービスを対象に調査したもの。ウェブ調査とアンケートヒアリング調査により、2005年1月1日から2005年12月31日を対象期間として実施された。

 調査期間中にオープンベータを含み正式サービスされたオンラインゲームタイトルは314タイトルで、パッケージソフトの販売および運営サービスの総売上からなるオンラインゲーム市場の規模は合計820億930万円で、対前年比142%であった。

 内訳は、パッケージソフトの販売による売上が223億8745万円(対前年比106%)、運営サービスによる売上が596億2185万円(対前年比162%)となっており、運営サービスによる売上が大幅な伸びを見せていることが明らかとなった。また、それらのサービスを提供しているパブリッシャーは106事業者であることが判明している。

 オンラインゲームの登録ユーザー数は2807万人で、2004年の調査結果1942万人から800万人以上増加している。年齢別では23〜29歳が30%、13〜18歳が28%、19〜22歳が23%と、13〜29歳が8割以上を占めていた。また、課金会員では23〜29歳が28%、30〜39歳が24%、19〜22歳が23%を占めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加