logo

モバイル位置情報サービスで浮上するプライバシーの懸念 - (page 2)

文:Anne Broache(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)2006年05月17日 16時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Wi-Fi無線技術を使って人物の位置を特定するソフトウェアを開発している米Skyhook WirelessのバイスプレジデントJed Rice氏は16日の討論会の中で、同社は連邦規則の適用対象外であることをあっさりと認めた。Skyhookは、Wi-Fiのアクセスポイントを利用して20m以内のユーザーの位置を三角法で測定し、周辺情報の検索結果を提供する無料ソフトを開発している。同社は「ユーザーの身元に関する記録」を一切保持しておらず、全てのユーザーに関して「完全な匿名性」が維持されているとRice氏は強調した。

 「しかしだからといって、われわれが、連邦規則は無理だとしても、少なくとも監視団体やプライバシー問題に強い関心を持っている人々が設定する基準の監視に積極的に関与しないというわけではない」(Rice氏)

 Rice氏とは対照的に、米WaveMarketのバイスプレジデントJim Smolen氏は、同社は無線企業を対象とする既存の法律の「規制を間接的に受ける」と考えている、と語った。WaveMarketは、無線電話事業者と連携し、家族や友人の位置を追跡する地理的位置特定ソフトを提供している。

 Altschul氏によると、CTIAは(地理的位置情報サービスを対象とするプライバシー規則を導入する)案をFCCに再提示する予定はないという。その理由として、同氏は「最初に提案した時よりもFCCが提案の受け入れに前向きである」との楽観的な考えは持っていないためと説明した。無線業界はこれまで、どのような地理的位置情報を収集するかを消費者に通知したり、情報を収集する前に消費者の承諾を得るといった独自のプライバシー基準を自発的に導入してきた。

 しかし一方で、位置特定をめぐる論争はしばらく収まりそうもない。

 無線ネットワークの導入に関心を示す地方政府が増えれば増えるほど、Altschulの懸念はより広い意味を持つようになる。例えば、Googleはサンフランシスコの住民に無料のWi-Fiサービスを提供する計画を立てていたが、最近同社が、EarthLinkが提供する高速サービスの料金を住民が負担しない場合は、地理情報を利用した広告をユーザーに提供すると発表したところ、プライバシー擁護派から不満の声が上がった。

 16日の討論会では取り上げられなかったが、関連する状況として、警察や捜査当局による携帯電話の追跡が挙げられる。1994年にCommunications Assistance for Law Enforcement Act(CALEA)と呼ばれる監視法が議会で可決された際、FBIの関係者は同法を携帯電話の追跡に利用しないと語っていた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]