ロジテック、硬化ガラス製保護フィルタ付き12.1型液晶モニタ「LCM-T123AS」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロジテックは4月21日、800ドット×600ラインの解像度(SVGA)に対応した、保護フィルタ付き12.1型アナログ液晶モニタ「LCM-T123AS」を4月下旬より発売すると発表した。価格はオープン価格。

 LCM-T123ASは、サーバの監視用モニタ、工場の検査用モニタなど、限られたスペースでの設置に適した小型液晶モニタだ。7月1日よりEUで施行される電器、電子機器に対する特定有害物質の使用制限規制である「RoHS指令」に準拠している。

LCM-T123AS 「LCM-T123AS」

 垂直110度、水平140度の視野角を持ち、輝度、コントラスト比、応答速度も従来品と比べ向上している。画面自動調整機能やワンタッチ調整機能も搭載。また、液晶パネルを保護するための硬化ガラス製保護フィルタを装着している。

 スタンドには固定用のネジ穴を装備しており、机などに固定することができる。また、スタンドを取り外すことにより、VESA規格のアームを取り付けることも可能。

 液晶部分は、左右方向へそれぞれ90度、後方へ90度回転が可能で、固定した状態でも画面を見やすい位置に調整できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加