logo

ライブドア、新RSSリーダー「livedoor Reader」ベータ版を公開

永井美智子(編集部)2006年04月20日 13時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ライブドアがブラウザ型のRSSリーダー「livedoor Reader」のベータ版を公開した。livedoor IDを持つユーザーは無料で利用できる。

 ライブドアはRSSリーダーとして、「livedoor Blogリーダー」を提供しているが、操作性を向上させ、新機能を盛り込んでいる。

 まず、フィードに5段階のレートをつけられるようにした。これにより、自分がよく読むフィードの更新情報を簡単に確認できるという。フォルダを作ってフィードを管理することもできる。

 また、キーボードショートカットを用意し、記事の移動やフィードの更新などがキーボードで操作できるようにした。サイトを開いて読みたい記事をクリップする「ピン」機能を使うと、複数の記事をまとめて別のウィンドウで開いて読める。

 OPMLファイルに対応しており、ほかのRSSリーダーに登録したフィードの情報を引き継ぐことが可能だ。

 推奨環境はWindows XPのInternet Explorer 6とFirefox、およびMac OS XのSafariとFirefox。

 このほか、登録したサイトの更新情報を知らせるアプリケーションを用意した。パソコンにインストールすると、アプリケーションがタスクトレイに常駐して、未読記事の件数をバルーンで知らせる。

 また、ブラウザに組み込んでlivedoor Readerへフィードを登録できるブックマークレットや、RSS登録バナーなどを用意した。RSS登録バナーは、ブログなどでRSSフィードを配信している人がこのバナーをサイトに設置すると、サイトのフィードをワンクリックでlivedoor Readerに登録できるものだ。

 ライブドアは現在提供しているlivedoor Blogリーダーをlivedoor Readerに変える方針で、4月末にlivedoor Blogリーダーのデータをlivedoor Readerに移行するものとみられる。

追記(4月20日午後7時30分):
 ライブドアは4月20日、livedoor Blogリーダーのサービスを5月末日で終了することを明らかにした。livedoor Blogリーダーのユーザーには、livedoor Readerにデータを移行するよう呼びかけている。データの移行方法はlivedoor Readerのサイトに掲載されている。

060420livedoor-2.gif livedoor Blogリーダーの画面
060420livedoor-3.gif 新しいフィードを登録する様子

-PR-企画特集