日本ビクター、液晶テレビ「EXE」シリーズにハイビジョン搭載モデルほか3機種

エースラッシュ2006年04月06日 18時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ビクターは4月6日、地上、BS、110度CSデジタルハイビジョンに対応した液晶テレビ「EXE」シリーズ3機種を、5月上旬より順次発売すると発表した。

 今回発売されるのは、46V型「LT-46LH800」、37V型「LT-37LC85」、26V型「LT-26LC80」の3機種だ。すべての機種に、処理能力および画像の特徴検出精度がアップしたCPU搭載映像処理専用LSI「新GENESSA」を搭載。シーンに応じた映像最適化能力が向上することで、臨場感と奥行き感のある映像再現を可能にしている。

「LT-46LH800」

 また、映画ソフトで迫力の重低音を再現する「MaxxBass」技術、ニュースやセリフが聞き取りやすい新「テレビ『きき楽』」機能や、音声で操作をサポートする「音声案内」など、サウンド面や便利機能も充実している。

 LT-46LH800は、水平1920×垂直1080画素のフルハイビジョンパネルを搭載したモデルだ。これにより、高精細なデジタルハイビジョン映像のクオリティーをそのまま楽しむことができる。LT-37LC85は、家庭用テレビとして世界最速の「高速液晶ドライバー」を搭載したモデル。高精度補間アルゴリズムにより通常1秒間に60コマ構成の映像を120コマで表示し、動きの速い映像でも残像感を大幅に低減することが可能になった。

 小売希望価格はオープン価格で、発売時期についてはLT-46LH800が5月下旬、LT-37LC85が5月中旬、LT-26LC80が6月上旬となっている。なお、月産台数は3機種合計で3万台の予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加