logo

日立、薄型テレビ「Wooo」のラインアップに6機種を追加

エースラッシュ2006年04月04日 22時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループは4月4日、プラズマテレビおよび液晶テレビ6機種を「Wooo」シリーズとして4月29日から順次発売すると発表した。

 発売される液晶テレビは32V型「W32L-HR9000」および「W32L-H9000」の2機種。プラズマテレビは37V型「W37P-HR9000」「W37P-H9000」と、42V型「W42P-HR9000」「W42P-H9000」の4機種。

「W32L-HR9000」

 いずれも地上、BS、110度CSデジタルハイビジョンチューナーを搭載している。型番に「HR」が含まれるモデルは、デジタルハイビジョンレコーダー内蔵の「HRシリーズ」だ。録画機能はボタン1つで簡単に利用することができ、搭載HDD容量は250Gバイトだが、HDトランスコード/トランスレート技術である「XCodeHD」や、日立独自のHDD制御技術「HPSM」によって500Gバイト分相当となる約50時間の録画が可能だという。

 プラズマテレビは高解像度の「1080ALISパネル」を搭載。また「高色純度赤蛍光体」を採用したことで、白から黒までの階調表現だけでなく映像中の赤色をより忠実に再現可能になり、鮮やかな発色になったという。液晶テレビはスポーツなどの速い映像を鮮明に表現できる「IPSαパネル」を搭載した。上下左右178度の広視角により、広いリビングでの多人数による視聴にも適している。

 価格はいずれもオープン価格で、HDDを内蔵しないモデルは4月29日の発売、HDDを内蔵するHRシリーズは5月15日の発売が予定されている。

-PR-企画特集