アイ・オーとサスライトが提携--自分のPC環境を持ち運びできるUSBメモリ発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイ・オー・データ機器とサスライトは3月30日、サスライトのアプリケーション「SASTIK-LIMO」を搭載するアイ・オー・データのUSBメモリ「ToteBag」シリーズを「SASTIK×ToteBag」シリーズとして市場投入すると発表した。2006年4月に出荷を開始する。

 同製品を使用するユーザーは、データの保存や持ち運びのためのUSBメモリ機能に加え、あらかじめUSBメモリ内に格納されている「SASTIK-LIMO」を起動することで、普段使っている「メールのアドレス帳」や「インターネットのブックマーク」などの環境をどのPCでも利用できるようになる。このため、インターネットカフェや友人のPCをあたかも自分のPC環境のように使うことができる。

「SASTIK×ToteBag」

 「SASTIK-LIMO」には「SASアプリと呼ぶアプリケーションが搭載されている。標準で「メール機能」「ファイル保存機能」「お気に入り機能」「アドレス帳機能」などがある。これらアプリケーションやPC環境はすべてパスワード保護されたインターネット上の「SASTIKセンター」内に保管され、PCには痕跡を残さない。

 また、インターネット上に1ギガバイトのストレージスペースが提供されるNTTコミュニケーションズの「cocoaギガストレージ」サービスをオプションとして利用することも可能。ここに重要なデータを保存しておけば、「ToteBagシリーズ」の紛失や盗難被害に遭った場合のデータ漏洩・喪失対策となる。

 なお、使用したいPCがインターネットに接続されていない場合は、SASTIKセンターへの接続が不可能なため、SASTIK-LIMOの機能は利用できない。

 ToteBagシリーズでSASTIK-LIMOが搭載されるのは、「TB-M2シリーズ」「TB-Lシリーズ」「TB-Bシリーズ」「TB-SQシリーズ」の4ライン。これらの製品を利用中のユーザーに対しては、後日アイ・オー・データのWebサイトからSASTIK-LIMOをダウンロードできるサービスが提供される。

 サービス価格は、月額157円。cocoaギガストレージサービスの利用料は月額315円。年間200万台の出荷を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加