logo

S・ジョブズ氏、報酬としてアップル株式約540万株を受け取りへ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)
2006年03月29日 14時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏が、同社から報酬として受け取った1000万株の制限付き株式の半分以上を、今月中に実際に所有することがわかった。

 米国証券取引委員会(Securities and Exchange Commission:SEC)に提出された書類によると、約2億9600万ドルに相当する残りの457万株の譲渡はAppleによって保留され、既得株式利益に付随する所得税の支払いに充てられるという。

 Jobsは米国政府に膨大な税金を支払うことになるが、それでもなお、同氏の取り分は大きな額に上る。

 SECへの提出書類には、Jobsが保有するAppleの株式が約540万株におよぶことが記されていた。これは、米国時間3月19日時点の市場取引価格で、およそ3億5100万ドルに相当する。

 Jobsは2003年に、3年ごとに給付される報酬として、1000万株の制限付き株式を授与されていた。同氏は、AppleのCEOとしての年俸を自発的に1ドルとしているが、売却すれば莫大な利益を得ることのできるこうした既得株式には、その穴を埋めるのに十分な価値がある。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集