logo

常に持ち歩いていたい安心できるカメラ──カシオ「EX-Z600」 - (page 3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カシオ
EX-Z600
内容:カシオ初のデジタルカメラ「QV-10」が発売されたのは1995年3月のことである。記録画素数25万画素、内蔵メモリー16MB、固定式焦点距離レンズのそのカメラは、今となっては携帯電話に搭載されたカメラにも劣るものだ。しかしそのカメラの1.8型液晶モニター上に、撮影後瞬時に写し出された画像は驚きと魅力と期待を我々に与えてくれた。あれから11年。今やデジカメは銀塩フィルムカメラを質量ともに凌駕し、その種類も覚えきれぬほどある。今回レビューするカシオ「EX-Z600」はあの「QV-10」のDNAを引き継いた、正

安心しておすすめできる日常カメラ

 このカシオ「EX-Z600」は12倍のズームもなければ手ブレ補正機能もない、機能としてはいたって標準的なデジカメだといえる。だがその基本設計はしっかりとなされており、その豊富なシーン撮影モードはあらゆる状況下での撮影において、より簡単に確実に被写体を写し出すことができる。またそのシンプルでユーザーフレンドリーな操作系も写真を撮るということをより身近にするだろう。バッテリーの持ちの良さも安心につながる。肝心の画像もとてもレベルの高い気持ちのよい仕上がりだと言える。このようにシンプルで安心してだれもが使えるカメラとして、この「EX-Z600」はとても良くまとまっている。

 私は知人友人からデジカメを購入する際に相談をうけることがよくある。その際には彼らが使用する目的を良く聞いた上でアドバイスをするのであるが、多くのユーザーは日常的に気軽に使用できるデジカメを希望している。実はその「日常的に使えるカメラ」という漠然とした位置づけが一番選択に悩むところだったりもするのだが、この「EX-Z600」は彼らにも安心してお勧めできるカメラだと私は思う。

  • カシオ初のデジカメ「QV-10」1995年3月発売。実質的にデジカメ時代の先駆けとなった一台。その先進性と驚きは今でも忘れることはできない。

 

 撮りたい時に撮りたいものを撮りたいように撮る。そしてそれを奇麗な画像ですぐに見る。このように今となっては当たり前とも言えるカメラを、確実に実現している「EX-Z600」は写真を素直に楽しめるデジカメだと言えるだろう。その楽しさと感動は、あの時の「QV-10」より確実に受け継がれているものだ。

 

カシオ「EX-Z600」の物欲度☆☆☆☆


礒村 浩一 (Isopy)

 1967年福岡県生まれ、千葉県君津市育ち。小学生のときに自分専用のカメラを手にしてから写真の世界に魅せられる。東京写真専門学校(現、東京ビジュアルアーツ)卒業後、広告写真プロダクションにて撮影の基礎を学ぶ。現在はフリーカメラマンとして人物、商品、雑誌、舞台撮影など活動範囲は多岐に渡る。デジカメ専門誌においては撮影と記事を担当。
 ZDNetにおいてもデジカメ新機種のレビューを担当する。さまざまな経験から導かれた撮影心情は、すべての被写体に愛情をもって接すること。どうやら、子どもと動物には好かれるらしい。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]