ウィル・ライト氏、次作「SPORE」を語る--米イベントにて

文:Daniel Terdiman(CNET News.com)
翻訳校正:尾本香里(編集部)
2006年03月24日 16時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州サンノゼ発--現時点で、Electronic Artsの「SPORE」ほど期待と関心を集めている次期ビデオゲームはないだろう。

 それもそのはずだ。Sporeは、「SimCity」「The Sims」などのPCゲームベストセラーを送り出したWill Wright氏が手がけるゲームだからだ。

 SPOREのコンセプトは次のようなものだ。プレイヤーは微生物を育てて大きな組織体にし、これを、小さな生物によって構成される集落へと発展させていく。村はその後人口が増えて都市となり、惑星となり、最後には宇宙規模の集落が生まれる。これは、ここ数年で登場したビデオゲームコンセプトとしては最も斬新なものといえる。

 米国時間3月23日に当地で開催された「Game Developers Conference」で基調講演をしたWright氏は、SPOREを考えついたきっかけを話した。Wright氏は、会場を動きまわりながら、SPORE誕生の源となった科学やファンタジーのほか、インスピレーションを与えられた本や映画に関する議論を織り交ぜながら作品を紹介した。Wright氏を崇拝するゲーム開発者少なくとも3000人が、Wright氏から伝授される開発過程に関するレッスンに聞き入っていた。SPOREは2007年にリリースされる予定だ。

 Wright氏はゲーム業界で最も聡明な開発者の1人として知られており、誰もがWright氏を知的な開発者と認めている。この名声は、Wright氏の基調講演にも反映されていた。Wright氏はロボットから宇宙生物学、ロケット工学へと話を展開し、話はさらに、惑星社会間のコミュニケーション、ゲーム開発チームの開発手法にまで及んだ。

 この基調講演の間、Wright氏が自分のアイデアを示す数多くのスライドを表示しながらさり気なくユーモアをはさむたびに、会場からはどっと笑いが起きた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加